「くれくれ星人」にさようなら

ようやく、夏休みが終了して学校が始まりましたね。

ホッとしてるお母さまも多いと思います。笑

 

普段はいない旦那さんや子どもがいることで

自分のペースを乱され、イライラしてしまう・・・

 

とっても残念なことに、私自身がそうでした。

 

 

最近、息子にキツイ言い方をしている自分に気付きました。

本当は自分が悪いのに、息子のせいにして叱ってみたり・・・。

 

でももう、5歳ともなると、誤魔化せないね。

 

前はパワーで押し切れたところも、今は

 

「それはママがわるいんでしょ」

 

と、しっかり見透かされる。

 

「どうせ子どもなんだから分かるまい」

 

は、もう通用しないですね。

 

そんな時は、私はマインドブロックバスターですので、

自分で自分のブロック解除。

 

解除した後に、息子をぎゅっと抱きしめている映像が浮かんできて

それだけで癒されました・・・。

 

 

こんな風に、誰かに当たってしまったり

感情のコントロールが出来ない時は

 

自分に余裕がない証拠。

 

 

「どうしてこんなに努力しているのに、誰も認めてくれないんだろう」

「どうしてこんなに頑張っているのに、うまくいかないんだろう」

「どうしてこんなに気を遣っているのに、大切にしてくれないんだろう」

どうしてどうして・・・・

 

そんな思考で頭がいっぱいになって、

わけも分からない寂しさや虚しさや孤独感で、心が押し潰されそう。

 

こうなるとなかなか、この負のループから

抜け出せないんだよね。

 

 

でもね、抜け出せる「ヒント」があります。

 

それは、

 

ちょっとストレートかもしれないけれど

ズバリ言うよ。

 

 

悲劇のヒロインをやめること。

 

 

「どうしてどうして」

 

と考えている以上、外(他人)に何かを求めているのが

分かりますか・・・?

 

もっと認めてくれ

もっと大切にしてくれ

もっと幸せにしてくれ・・・

 

言ってみれば

 

「くれくれ星人」

 

になっているのね。

 

 

でも、くれくれ星人になっている以上

いつまで経っても満たされないです。

 

なぜなら、どこまでいっても

どれだけ与えられても

 

「もっとくれ」になるだけだから。

 

 

外から何かをもらって、心を満たすというやり方は、

何千年もの間、

王様になった人ですら一人として成功していない、

 

なんて話も聞いたことがあります。

 

 

ちょっと冷たく聞こえてしまうかもしれないけれども、

 

自分のことを100%理解してくれて

自分の望んでいることを100%してくれる相手なんて

 

この世にはいないのね。

 

 

なぜなら、コピー人形のように

自分と同じ頭、心を持っている人間なんて

この世には存在しないから。

 

自分のことを、頭のてっぺんからつま先まで理解して

それを満たしてくれる人なんてのはいないし、

 

それを他人に求めるのは

ないものねだりってヤツ。

 

 

だから、

 

「自分を満たして欲しい!」

 

それを、外(他人)に委ねている限り、

いつまで経っても幸せのバケツは、

いっぱいになりません。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、「悲劇のヒロイン」

 

言葉を変えていえば、

「被害者意識」から脱すること。

 

つまり、

 

「与えられる側」ではなく

「与える側」になること。

 

 

「これ以上人に与えろっていうの?!

私が与えてもらいたい側なのに?!」

 

うん、エネルギーがからっからの時は

そう思うよね。

そんな余裕ないよね。

 

だからまずは、

 

「自分で自分に、与えるの」。

 

して欲しいと思っていたこと

満たして欲しいと思っていたこと

 

それをまずは、

自分が自分に、してあげる。

 

誰かがしてくれるのを、待つんじゃなくってね。

具体的に、じゃあどうするかと言うと、

これはひとつの例にしか過ぎないけれど

 

・「よく頑張っているね」と、自分に言ってあげる

・「これ以上頑張らなくていいよ」と、自分に言ってあげる

・休むことを認めてあげる

・自分が心地いいと思うことをしてあげる

・「~しなければ」ではなく、自分が「~したい」と思うことを優先してあげる

・自分のすべての感情を認めてあげる

・うまくいかなくても、「しょうがないよね」と許してあげる

 

逆に言うと、これらが出来ていない限り

外(他人)に「くれくれ」と、一方的な要求をして

 

結果いつまで経っても満たされないという

負のループから抜け出せなくなります。

 

 

だからまずは、

 

「与えられる側」から

「与える側」になること。

 

そして、一番最初に、自分に与えてあげること。

 

そのうえで、他人にも与えてあげられるようになったら

もっと大きな、愛の循環が生まれてていくんじゃないかな。


clear

体験セッションのお申し込みはこちら

clear
ページトップへ