食べても食べても満たされない理由。

 

 

「なんで食べ物なんだろう」

 

 

摂食で苦しんでいる人であれば、

きっと一度は、こんな風に考えたことがあると思います。

 

 

 

なんで、この異常な興味の矛先が、

食べ物なんだろう。

 

なんで、この暴力的な欲望の矛先が

食べ物なんだろう。

 

例えばこれが、睡眠とかであってくれたら、

どんなにかラクなのに。

 

 

 

ぜ、食べ物か。

 

それは、人間の持つ、生理的欲求の一つであるから。

また、私は「食べる」ことが、

てっとり早く「幸せ」を体感出来るからじゃないだろうかと、思っています。

 

 

どんなに、過食や過食嘔吐に苦しんでいて

 

もう食べることをやめたい、

こんな食べることばかり考えている生活を送るくらいだったら

死んだ方がまし!

 

そう思っていても、

 

食べることや、食べ吐きすることによって得ているメリット

が、必ずあります。

 

じゃなきゃ、100%デメリットしかないのなら

やめられますって。

 

 

99.99%デメリットでも、

0.01%のメリット(=幸せ)があるからこそ

 

そこにすがって、やめることが出来ないんです。

 

 

 

私は、摂食行為は、

他の別の行為の、代償行為 だと考えています。

 

本当に得たいもの、手に入れたいものは別にあるのに、

それが手に入らないから

 

てっとり早く手に入る食べもので、とりあえず埋める。

 

 

けれどもそれは、本当に欲しいものではなく、

あくまで代償でしかないので、

 

「質」的に満足出来ないため

「量」が増大していく傾向がある。

 

 

だから、どんどん量がエスカレートしていくけれども、

まがいものは、まがいものに過ぎないので、

 

結局は満足することは出来ない。

 

 

本当の意味で、乾きを潤すことが出来るのは、

真に欲しているものだけなのだから。

 

これが、摂食の負のスパイラルの正体です。

 

 

 

あなたが、本当に必要としているものは、なんですか?

 

まずは、それを見極めるのが、

この病気と闘う、一歩です。

 

 


clear

体験セッションのお申し込みはこちら

clear
ページトップへ