コラム

TBS「私の何がイケないの?」の、「ダイエット妊婦」について

Posted on 2012.10.16
  

 

昨日、友人の原田惟仁ちゃんが出るということで
TBSの「私の何がイケないの?」を観ていたのですが・・・
 
そこで紹介されていたのが、「ダイエット妊婦
 
 
どんな妊婦かっていうと、
 
「妊娠によって、お腹が出たり、体重が増えるのが許せないという理由で
妊娠中にダイエットに励む女性」
 
のこと。
 
 
取材に応じていた女性は、
 
・お腹が大きくならないように、週4回スチームサウナ通い
 
・出産までに増えたのは、2~3㎏(通常、妊娠時は7~12kg増)
 
・出産で、妊娠前より5㎏痩せて喜ぶ
 
・次女の妊娠中は、長女を抱いてスクワット。
 
・食べたものを吐き出す生活を継続
 
・1日に10kmの過度なランニング
 
・下剤を毎日50錠飲む
 
などの行動が取り上げられ、
 
最近若い母親などに急増していると紹介されていたけれど・・・
 
 
 
あのね、違うから。
 
これ、ダイエットじゃなく、病気
 
摂食障害ですから。
 
 
 
取材に応じた女性は、
十中八九、妊娠したからダイエットしたわけではなく
 
妊娠前から、この行動で、
妊娠後も、それを継続しただけ。
 
 
 
当然、子どもへの影響が出る可能性は
否めないよね。
 
 
でも、誠に残念なことに、
まだ出てきてもいない子どものことより
自分のスタイルや体重を優先してしまうのが、
 
この病気なんだよ。
 
 
そんなヤツが妊娠するな、
ごもっとも。
 
もちろん、子どもへの影響を考えず、こんな行動を取ることは
言語道断だと思う。
 
 
けれども摂食の子たちは、
自己肯定感が低いから、貞操観も薄いし
 
依存が強いから、自分のことを棚にあげて
結婚や妊娠したら、どうにかなると思っていたりする。
 
 
はい、自分がそうだったからこそ、言える意見です。
 
 
 
つまり、何が言いたいかっていうと、
ダイエット妊婦!非常識!!で終わらせるのではなくて
 
なぜそうなってしまうのか、という方に焦点を当てないと
不幸な子どもはいなくならない。
 
 
自殺の報道をすると、自殺が増えるというのは、
統計からも明らかになっている。
 
これが変な煽りにならないことを、祈ります。
 

clear

心が満たされれば、身体は後からついてくる!「楽食ランチ会」

Posted on 2012.09.27
  

今日は、楽食ランチ会でした~。

 

このランチ会、実は生みの親は私たちではなくて、

セミナーに参加して下さった方の想いから、生まれたものなんです。

 

楽式で、お伝えしている大切なメソッドのひとつが

 

「食事を美味しく楽しむ」。

 

でもいつも、1人で食事をしている人や、

長い間食へのこだわりに悩まされている人には、

これがなかなか実践しづらい・・・。

 

だったらみんなで、

楽しくランチする機会を作っちゃえばいいんじゃない?

 

ってことで、オギャーッ!と産声を上げたのが

このランチ会。笑

 

 

私ね、思うんだけれど、

食べることの抵抗感とか不安とか、

1人で食事をしていると、どんどん肥大していくんです。

 

結果、そのストレスから

気付くと、ありえない量詰め込んで食べちゃってたりね。

 

 

きっとみんなも、経験あると思うんだ。

 

大好きな人と、その時間や会話を楽しみながら食事をしていると

あんまたいした量を食べていなくても

お腹いっぱいになったりすること。

 

 

これは、何故かといったら、

 

心が満たされるから なのね。

 

 

心が満たされれば、

身体は後からついてくる。

 

言葉を変えて言えば、心が満たされていないと、

どれだけ食事を詰め込んでも、満たされないということ。

 

 

楽食ランチ会は、心がまんぷくになる

そんな、ランチ会にしたいと思っています。

 

また、楽式ダイエットセミナーにご参加いただいた方々の情報交換や、

楽式メソッドを実践していくうえでの、疑問を解決する場としても、活用くださいね!

 

次回は、11月開催の予定です!!


clear

ありがとうの詩(うた)。

Posted on 2012.09.27
  

昨日は、

 

「出逢って下さってありがとう」と、

 

こちらが御礼を言いたくなるくらい、

気持ちのいいセッションを4件させてもらって

 

夜は、絶妙の呼吸で急遽決まった、

保育園のママ友との飲み。笑

 

日々こうして、たくさんの人と繋がれていることが

ほんとうに幸せだなあと

なんだかしみじみ感じました。

 

 

何に価値を置くかは、人それぞれで、

例えば

 

「安心感」だったり

「自由」だったり

 

もしくは

 

「チャレンジ」だったりするかもしれない。

 

人それぞれ、

さまざまな大切な価値観があるけれども、

私は、

 

「つながり」

 

という部分に、

強烈に価値を置いているのだと思う。

 

 

どんな人間関係も、すべて、

そこに在るのは学び。

 

大切なのは、

それをどう受け止めるか。

 

それをどう、

自分の学びに変えていくか。

 

 

謙虚に。

 

卑屈になりすぎず。

 

相手の世界観に敬意を払い、

 

自分のハートを開いて、受け止める。

 

いつも、感謝の心を忘れずに。

 

今日も、ありがとう!


clear

「くれくれ星人」にさようなら

Posted on 2012.09.27
  

ようやく、夏休みが終了して学校が始まりましたね。

ホッとしてるお母さまも多いと思います。笑

 

普段はいない旦那さんや子どもがいることで

自分のペースを乱され、イライラしてしまう・・・

 

とっても残念なことに、私自身がそうでした。

 

 

最近、息子にキツイ言い方をしている自分に気付きました。

本当は自分が悪いのに、息子のせいにして叱ってみたり・・・。

 

でももう、5歳ともなると、誤魔化せないね。

 

前はパワーで押し切れたところも、今は

 

「それはママがわるいんでしょ」

 

と、しっかり見透かされる。

 

「どうせ子どもなんだから分かるまい」

 

は、もう通用しないですね。

 

そんな時は、私はマインドブロックバスターですので、

自分で自分のブロック解除。

 

解除した後に、息子をぎゅっと抱きしめている映像が浮かんできて

それだけで癒されました・・・。

 

 

こんな風に、誰かに当たってしまったり

感情のコントロールが出来ない時は

 

自分に余裕がない証拠。

 

 

「どうしてこんなに努力しているのに、誰も認めてくれないんだろう」

「どうしてこんなに頑張っているのに、うまくいかないんだろう」

「どうしてこんなに気を遣っているのに、大切にしてくれないんだろう」

どうしてどうして・・・・

 

そんな思考で頭がいっぱいになって、

わけも分からない寂しさや虚しさや孤独感で、心が押し潰されそう。

 

こうなるとなかなか、この負のループから

抜け出せないんだよね。

 

 

でもね、抜け出せる「ヒント」があります。

 

それは、

 

ちょっとストレートかもしれないけれど

ズバリ言うよ。

 

 

悲劇のヒロインをやめること。

 

 

「どうしてどうして」

 

と考えている以上、外(他人)に何かを求めているのが

分かりますか・・・?

 

もっと認めてくれ

もっと大切にしてくれ

もっと幸せにしてくれ・・・

 

言ってみれば

 

「くれくれ星人」

 

になっているのね。

 

 

でも、くれくれ星人になっている以上

いつまで経っても満たされないです。

 

なぜなら、どこまでいっても

どれだけ与えられても

 

「もっとくれ」になるだけだから。

 

 

外から何かをもらって、心を満たすというやり方は、

何千年もの間、

王様になった人ですら一人として成功していない、

 

なんて話も聞いたことがあります。

 

 

ちょっと冷たく聞こえてしまうかもしれないけれども、

 

自分のことを100%理解してくれて

自分の望んでいることを100%してくれる相手なんて

 

この世にはいないのね。

 

 

なぜなら、コピー人形のように

自分と同じ頭、心を持っている人間なんて

この世には存在しないから。

 

自分のことを、頭のてっぺんからつま先まで理解して

それを満たしてくれる人なんてのはいないし、

 

それを他人に求めるのは

ないものねだりってヤツ。

 

 

だから、

 

「自分を満たして欲しい!」

 

それを、外(他人)に委ねている限り、

いつまで経っても幸せのバケツは、

いっぱいになりません。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、「悲劇のヒロイン」

 

言葉を変えていえば、

「被害者意識」から脱すること。

 

つまり、

 

「与えられる側」ではなく

「与える側」になること。

 

 

「これ以上人に与えろっていうの?!

私が与えてもらいたい側なのに?!」

 

うん、エネルギーがからっからの時は

そう思うよね。

そんな余裕ないよね。

 

だからまずは、

 

「自分で自分に、与えるの」。

 

して欲しいと思っていたこと

満たして欲しいと思っていたこと

 

それをまずは、

自分が自分に、してあげる。

 

誰かがしてくれるのを、待つんじゃなくってね。

具体的に、じゃあどうするかと言うと、

これはひとつの例にしか過ぎないけれど

 

・「よく頑張っているね」と、自分に言ってあげる

・「これ以上頑張らなくていいよ」と、自分に言ってあげる

・休むことを認めてあげる

・自分が心地いいと思うことをしてあげる

・「~しなければ」ではなく、自分が「~したい」と思うことを優先してあげる

・自分のすべての感情を認めてあげる

・うまくいかなくても、「しょうがないよね」と許してあげる

 

逆に言うと、これらが出来ていない限り

外(他人)に「くれくれ」と、一方的な要求をして

 

結果いつまで経っても満たされないという

負のループから抜け出せなくなります。

 

 

だからまずは、

 

「与えられる側」から

「与える側」になること。

 

そして、一番最初に、自分に与えてあげること。

 

そのうえで、他人にも与えてあげられるようになったら

もっと大きな、愛の循環が生まれてていくんじゃないかな。


clear
3 / 3123

体験セッションのお申し込みはこちら

clear
ページトップへ