TBS「私の何がイケないの?」の、「ダイエット妊婦」について

 

昨日、友人の原田惟仁ちゃんが出るということで
TBSの「私の何がイケないの?」を観ていたのですが・・・
 
そこで紹介されていたのが、「ダイエット妊婦
 
 
どんな妊婦かっていうと、
 
「妊娠によって、お腹が出たり、体重が増えるのが許せないという理由で
妊娠中にダイエットに励む女性」
 
のこと。
 
 
取材に応じていた女性は、
 
・お腹が大きくならないように、週4回スチームサウナ通い
 
・出産までに増えたのは、2~3㎏(通常、妊娠時は7~12kg増)
 
・出産で、妊娠前より5㎏痩せて喜ぶ
 
・次女の妊娠中は、長女を抱いてスクワット。
 
・食べたものを吐き出す生活を継続
 
・1日に10kmの過度なランニング
 
・下剤を毎日50錠飲む
 
などの行動が取り上げられ、
 
最近若い母親などに急増していると紹介されていたけれど・・・
 
 
 
あのね、違うから。
 
これ、ダイエットじゃなく、病気
 
摂食障害ですから。
 
 
 
取材に応じた女性は、
十中八九、妊娠したからダイエットしたわけではなく
 
妊娠前から、この行動で、
妊娠後も、それを継続しただけ。
 
 
 
当然、子どもへの影響が出る可能性は
否めないよね。
 
 
でも、誠に残念なことに、
まだ出てきてもいない子どものことより
自分のスタイルや体重を優先してしまうのが、
 
この病気なんだよ。
 
 
そんなヤツが妊娠するな、
ごもっとも。
 
もちろん、子どもへの影響を考えず、こんな行動を取ることは
言語道断だと思う。
 
 
けれども摂食の子たちは、
自己肯定感が低いから、貞操観も薄いし
 
依存が強いから、自分のことを棚にあげて
結婚や妊娠したら、どうにかなると思っていたりする。
 
 
はい、自分がそうだったからこそ、言える意見です。
 
 
 
つまり、何が言いたいかっていうと、
ダイエット妊婦!非常識!!で終わらせるのではなくて
 
なぜそうなってしまうのか、という方に焦点を当てないと
不幸な子どもはいなくならない。
 
 
自殺の報道をすると、自殺が増えるというのは、
統計からも明らかになっている。
 
これが変な煽りにならないことを、祈ります。
 

clear

体験セッションのお申し込みはこちら

clear
ページトップへ